人気ブログランキング |

自転車事故で高額賠償判決

(高額賠償判決の概要)
自転車に背後から衝突され重い障害が残ったとしてAさん(57歳女性)が自転車を運転していた当時高校生だったBさん(19歳女性)に約5,700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11月25日に横浜地方裁判所であり、Bさんに約5,000万円の支払を命じた。判決理由で「被告女性は携帯電話に気をとられ前方に注意を欠いたまま進行した」とした。事故は、平成14年9月午後7時過ぎ、歩行中のAさんに無灯火で走行してきたBさん運転の自転車がAさんに衝突、首などに重傷を負わせた。その後、手足にしびれが残り歩行困難になって職まで失ったもの。
(凶器に変貌する自転車)
歩道を猛スピードで走る暴走自転車、携帯電話やペットボトル片手の運転などマナーを欠いた自転車も乗り方次第で凶器に変貌する。事故を起こせば刑事、民事の両面で責任を問われたり、高額な賠償を背負い込むことにもなる。
(高額な賠償金を払えるのか)
今回のような5,000万円という高額な賠償金を即金で支払える人は稀だろう。
被害者にしてみれば支払ってもらえなければ困る。自転車にも自動車同様に強制保険が必要と思うが現行では法のしばりがない。人それぞれの判断で任意の損害保険に加入することが唯一の対応策だ。
相手への賠償責任保険と自身の傷害保険、保険料はそれほど高くない。
既契約の自動車、火災、傷害保険などに特約として付帯する方法もある。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-23 22:00 | Business watching | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。


by トムノグ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る