人気ブログランキング |

ファッショナブルなること



ファッショナブルなること_c0340785_15261137.jpeg
日本にトラッドファッション、アイビーファッションを紹介した伝説の神様
といえばVAN創設者の石津謙介氏
2005年5月24日93歳で逝去、1年が過ぎた。

今月に入ってずっとこの「男たちへの遺言」を読んでいる。
単なるお洒落は見せかけにすぎず、生き様を見せてこそ洒落た人になり洒落た服が似合うと説く。
流行に左右されない「スタイル」を持ち、浮つかない骨のある生き方がどの時代の男にも求められている。
「身につけること以前に生活信条をしっかり持つこと」
この基本条件を持つ男がお洒落をする資格者とまで言いきる。



本書の遺言集⑮は石津謙介氏らしい信条が語られている。
(その一部を抜粋)
昔は「分際をわきまえる」という言葉があった。身の丈に合った生活をする、日本人にはそんな堅実な生活信条があった。
翻って現在の日本はどうだろう。決して一人前とはいえない若い男女が有名ブランドの鞄をぶら下げ歩く。まともな挨拶さえできないような若いサラリーマンが一流ブランドの腕時計をこれ見よがしに身につける、この国はどこかおかしい。ブランド品を身につけるなら、それにふさわしい生活と知性や教養が備わってこそ、ファッショナブルな人といえるのではないか。そうでないとき、ブランド品はまるで借り物であるかのように、その
人の存在から浮き上がって見えるものだ。それをきちんと若者に言い聞かせる大人がいない。何とも情けない。私のようなうるさい爺が本当に少なくなってしまった。
<遺言⑮>
分際をわきまえたお洒落で社会全体の価値を体現せよ。

「男にとってファッションとは生き様そのものである」
                   
by石津謙介





別館ブログ「トムノグおじさん飲食日記」

http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/




Commented by トラ衛門 at 2006-05-23 08:26 x
そうですねぇ 内面の薄い着飾りは恥ずかしいですね。
僕なんかまだまだ修業が足りません。
石津氏のように蝶ネクタイで袴姿が似合うような年輪を重ねたいと思います!



Commented by at 2006-05-23 20:04 x
トラ衛門さん、こんばんわ。
石津謙介さんは特別な人ですね。
トラッド、アイビーの大先生です。
VAN、メンクラなどを通していろいろ教えていただいたのに内面的なことは、私も修行不足です。
(トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2006-05-22 23:38 | トラッド万歳! | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30