人気ブログランキング |

W杯日本代表が勝てない理由

W杯日本代表が勝てない理由_c0340785_15261760.jpg
シュート数が少ないとか
ディフェンスが弱いとか
身体の大きさが違うとか
キック力がないとか
テクニカルファールが下手だとか



いろいろ言われているが



当ブログで書いたように
http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2006/06/post_8da9.html



私の中ではサッカーというスポーツが日本人の精神文化にそもそも向いていないという結論に達した。



例えば得点チャンスの際のゴール前での日本人選手の数はどうだろうか。
サイドからのクロスボールに反応する選手は必ず一人だ。これは練習通りのパターンを実践しているだけだ。
世界トップクラスがやるような、ゴールに二人以上の選手がなだれこんでいくような場面はほとんどない。



やらないのではなく出来ないのだ。
何故なら一瞬のプレーを見てしまう日本人特有の「間合い」があるからだ。
これこそ良い意味での日本人の精神文化なのだと思うが。



サッカーは局面において常に相手より数が多い「数的優位」をつくることで攻勢に転じる。
この数的優位の形は意識してつくっても長くは続かないし身体能力が高くなければ無意識ではできない。
日本人ができない理由はやはり「間合い」の所作が原因だ。

根本的に合っていないスポーツでワールドクラスを狙うことほど酷なことはない。
私もサッカーに関わって30数年だが、今回ほどこのように感じたことはない。
敢えてW杯に出続けるとすれば日本人得意の持久力で勝負することが唯一の材料かもしれない。
90分間走り続ける能力を武器にすること、それが可能であるなら。

間合いの文化をとるか サッカーをとるか
それとも両方とるか その結果両方失うか





別館ブログ「トムノグおじさん飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/



Commented by 森の音 at 2006-06-20 13:07 x
間合いの文化ですか。なかなか面白いですね。なにしろ「和を持って尊しとする」文化ですからね。目立つとへこまされ、「オレが、私が」という自己主張が良しとされないですからね。良いパッサーはたくさん出ても、出色のストライカーが出るのはなかなか難しいかもしれませんね。

Commented by at 2006-06-20 23:18 x
森の音さんこんばんわ。
間合いの所作はどうも日本特有のものです。代表が勝てないことは、もちろんこれだけが理由ではありませんが。最近寝ても覚めても「間合い」のことが頭から離れません。単純に弱いからと言いたくないからかもしれません。<トムノグ>

Commented by IVYおじさん at 2006-06-21 04:05 x
お久しぶりです。
相変わらず手厳しいサッカー日本チームの解析ですが、私は、サッカーは詳しくわかりませんが、二試合をテレビ観戦したかぎりですが、同感する部分があります。
「センスは技術」が私の持論ですが、日本チームにも当てはまるところがあるようですね。野球もアメリカから入ってきたスポーツで世界一になりましたが、サッカーは日本人には向いていないのでしょうか。
それでもブラジル戦は、テレビ観戦することでしょう。

Commented by at 2006-06-21 20:17 x
IVYおじさん、コメントありがとうございます。「センスは技術」言われるとおりです。ゆっくり技術を駆使することは鍛錬すれば可能ですが、速い中で技術を駆使することは天性です。これは人種による運動染色体の違いにまでおよびます。例えれば陸上短距離で黒色人種に白色、黄色人種が太刀打ちできないのと同じだと思われます。
残念ながら日本レベルのピークは現代表と思います。中田、中村のような選手は数十年にひとりの逸材です。少子化に向かっている日本で今後有望な選手が出現することは難しいでしょう。W杯本大会に出場でき
るだけで良しと考えた方が明るい気持ちになります。ブラジルに勝つなど宝くじと同様に困難極まりありません。視聴率稼ぎのTVに踊らされている現状は滑稽ですらあります。
とかなんとか言いながらブラジル戦は観るのでしょうね(笑)<トムノグ>
-----

PING:
W杯・・現在の状況はご存知の通り、代表についての感想はあまりに多すぎてあえてあまり触れないでいたけど・・精神的によくないのでここで小爆発させていただきます(`Δ´)

実は私、国立競技場で行われたジーコ監督の初戦・・国立競技場で生で見ました。当時、黄金の中盤と呼...

by kokoro-tomnog2005 | 2006-06-19 22:58 | 蹴球というスポーツ | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30