人気ブログランキング |

端唄教室7ヶ月目

端唄教室7ヶ月目_c0340785_15263524.jpg
11月10日(金)、端唄教室7ヶ月目・稽古13回目

ついに教本3冊が揃いました。
初歩の6ヶ月間は、第1集を繰り返し繰り返し習ってきました。
先生から2集・3集もやってみましょうとお許しがでました。

2集・3集は私が覚えたい端唄、俗曲が多数あります。
いよいよ少し先が見えてきた思いです。
本日は「東雲節」と「三階節」を先輩達の前で独唱しました。三味線は譜面を見ないで「お江戸日本橋」を弾くことができました。
半年前では考えられない世界へ入り込んだのです。

ほとんどの方にとって非日常な「端唄の世界」、私のこの半年間は日本の伝統文化・歴史を再発見し、この先の生き方までも変える大きな転換の時間になりました。

チン トン シャン ♪



別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/




Commented by okamider at 2006-11-12 02:03 x
トムノグさん、こんばんは。
いろいろと大変な思いもされたことと存じますが、お稽古を続けられているお姿、敬服いたします—。
言うはやすし、まだ何も始めていない私が口幅ったいようですが、いつか本当に一節お聞かせいただけると嬉しいです♪

Commented by トムノグ at 2006-11-12 17:08 x
okamiderさん、コメントありがとうございます。
3日坊主と自ら予想して取り組んだ稽古がまさか今日まで続くとは我ながら驚きです。
とてもにわかで習得できるものではないということは日を追うほどに実感しますが、完全にはまりました。
やれるところまで挑戦してみます。

Commented by 広島人 at 2008-06-25 00:39 x
初めまして。実は端唄のことをネットで調べていて、このHPにたどり着きました。テキストの写真を拝見したところ、私がカルチャースクールで入門しようとしている流派と同じですね。このようなステキなブログを拝見することが出来て大変勉強になりました。ありがとうございます。そこで、先輩にお伺いしたいことがございますが、よろしいでしょうか?
三味線は細棹ですか、それとも中棹ですか?また撥はどのような大きさや重量のものをお使いでしたか?
実は実家に三味線があります。親類の誰かが弾いていた物だと思いますが定かではありません。細棹です。撥もいくつかありましたが、幅の広いのから狭いのまであり、どれを使うのか良く分からないのです。実家は遠いのですが、サイズが分かれば押入れのどこかに入っていると思うので自分で探しに帰ろうかと思います。参考までにご教示いただければ幸いでございます。宜しくお願い申し上げます。

Commented by トムノグ at 2008-06-25 09:11 x
広島人さん

おはようございます。
端唄を始められるのですね。
日本の心と情緒を感じる端唄の世界はとても素晴らしいものと思います。
さてご質問の件ですが、私も初心者ゆえお話できるレベルに達していませんが
三味線は細棹です。撥は三味線に付いていたものをそのまま使用しました。重さは110g位、私の端唄教室ブログ記事で別途写真を掲載していますので参照してください。最初は木の撥を使用していましたが途中から象牙に代えました。

教室はどこでも体験入学があると思います。
一度見学されてお話しをお聞きになるのも良いかと思います。
三味線なども貸し出し用があると思います。

私は現在、仕事の関係でお休みを頂いています。
一定の期間、間を空けるとすべて忘れます。
「毎日少しでもいいから継続することが大事です」と仰っていた先生の言葉が沁みます。


Commented by 広島人 at 2008-06-25 21:00 x
トムノグ様
ご回答いただきましてどうもありがとうございます。実は先月、お教室の体験にお伺いいたしました。そのときには時間が限られていて本当にお稽古の様子を「拝見」するだけだったのですが、次回は体験入学を申し込んでおります。カルチャーセンターですが、その時に「手持ちの三味線を持ってきて先生に聞いて見てください」とセンターの方に言われたのですが、何せ薄給の会社員のことですから、中棹だったら新しく買わないといけないなあ、お小遣いが心許ないなあ、やっぱりこういうお稽古事は贅沢かなあ、などと思案しておりました。細棹でよければ新しく購入するお道具が減りますのでとても助かります。撥もトムノグ様のブログの写真と重量のデータをもとに実家で探してみます。
見ず知らずの私に貴重な情報をご教授くださったトムノグ様に大変感謝申し上げます。これからも楽しくご精進下さいませ。どうもありがとうございました。

Commented by トムノグ at 2008-06-25 22:23 x
広島人さん

どうぞこの貴重な機会を生かされますよう祈念しています。頑張ってください!
私は稽古の出来ない現在、毎日1曲必ず聴いて唄うように心がけています。
しかし、先生の教えのもと修養することが一番と思います。
どうぞまたお立ち寄りください。

by kokoro-tomnog2005 | 2006-11-10 23:55 | 端唄教室 | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30