トリビュートアルバムとは

c0340785_15265299.jpg
トリビュートアルバムとは何?



記事検索で調べてみると
トリビュートとは「称賛・賛辞・尊敬・感謝」といった意味で、自分自身に大きく影響を与えたり、尊敬していたり、あこがれの存在であったりするアーティストに対して敬意を表すアルバムであり、単なるカバー曲集ではないとある。



ということはこのアルバムの若手10組のアーチストは小椋佳に最大の敬意を表して曲を奏でたり歌っているわけだが。
10組を聴き比べると明らかに実力差がある。それどころか本当にプロかと思わせるようなのも混じっている。それも1組や2組ではない。そしてそれらは残念なことに素人のカラオケを思わせるようなレベルだ。



10組中4組は確かにプロと呼べる実力であり聴く側に訴えるものがある。
小椋佳という一流のアーチストの作品を歌うのだから当然であろう。
このアルバムに小椋佳がどれくらい関わったか知る由もないが10組の若手が所属するそれぞれのレコード会社の思惑があろうからアーチストの実力だけではないことはわかる。



「この人は上手いなあ。だけどこいつはひでぇなあ。」
今では上手いアーチストのところだけを聴いている。



今年1月に行われた小椋佳コンサートで小椋自身がトークでこんなようなことを言っていた。
「私の作品をいろいろな歌い手の方に提供してきましたが、こんな人には歌ってもらいたくないと思わせるほど下手な人もいます。」
3月17日(土)22:00NHK-BS「小椋佳コンサート ~未熟の晩鐘~」の再放送をご覧あれ。
小椋佳が辟易した顔で話しているのが印象的である。




Commented by 森の音 at 2007-03-09 23:07 x
曲目を見るとほとんど懐かしい曲ですが、
歌手はほとんど知らない名前ばかりです。
でもいろいろなアーティストが、
小椋さんに影響を受けているのですね。
この中では「木戸をあけて」一番好きですが
どんな風に歌われているのかちょっと興味あります。
17日ですね。ビデオセットしときます!

Commented by トムノグ at 2007-03-10 11:06 x
森の音さん、おはようございます。
私も「木戸をあけて」好きですね。詩と曲が見事にマッチしていて哀しみを誘います。
この作品についても小椋佳コンサートで背景を語ってくれています。
これを歌っている若手は坦々と流している感じです。切なさは上手く表現していると思います。
知人のTraさんの声によく似ているので驚きました。
Traさんは素人にしては歌が上手いと評判の人です。・・・

Commented by 森の音 at 2007-03-31 22:37 x
遅ればせながら録画しておいた
小椋佳さんの「未熟の晩鐘」コンサートを拝見しました。
一部の春夏秋冬を織り込んだ、
メドレーに感動しました。
やはり詩がいいですね。
私は一度も小椋さんのコンサートには
行ったことないですが、
次にあるならぜひ行ってみたくなりました。
ご紹介くださいまして、どうもありがとうございました。

Commented by トムノグ at 2007-04-01 22:06 x
森の音さん、こんばんは。
ご覧になりましたか。良かったでしょう。
小椋佳の楽曲は品がありますね。
私はこういう人が時代を築くエンターテイナーなんだと思います。

by kokoro-tomnog2005 | 2007-03-08 22:34 | 音楽三昧 | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。


by トムノグ