人気ブログランキング |

落語にハマル

落語にハマル_c0340785_15272432.jpg
連続テレビ小説「ちりとてちん」の影響もあってか再び落語ブームという。
落語は話芸、江戸時代から続く噺の魅力は静かに時代を超えて受け継がれる。

子供の頃、ラジオやテレビで落語がよく放送されていた。
そのせいもあって今、その頃の感覚が呼び起こされた思いだ。
連日移動中の車の中で落語を聴いている。

さて私のお気に入りの落語家は4代目柳亭痴楽だ。
お馴染みの綴り方教室は子供だった頃の自分は内容を理解するにいたらなかったが流暢な語り口には何か惹きこまれるものを感じた。
聞けば義太夫から落語家になったとあってなかなかの美声の持ち主だ。
噺の中には歌謡曲、浪曲、義太夫、オペラなどをネタに歌う幅広い芸がある。おそらくこれだけ魅力的な口演ができるのは後にも先にも4代目柳亭痴楽だけではないだろうか。
1921年生まれ(大正10年)、93年(平成5年)に亡くなった。
生存していれば86歳で父と同年くらいである。
フォトのCDに収録されている3題はいずれも1960年から65年頃のもので私は小学校低学年だった。
内容は覚えていないが痴楽綴り方教室は今でもその口調というかリズムをはっきり覚えている。
きっと好む所以はそんなところかもしれない。

疲れた心身を癒してくれる落語、かつての名演に笑い、深く感じて心が動く。


Commented by PISCES at 2007-11-15 20:21 x
トムノグさん、こんばんは。
落語、いいですねえ。
一度も演芸場などには足を運んだことはないですし、あまりお名前もわかりませんが、昔父が見ていたテレビを横で聞いていておもしろかった記憶があります。
それと、昔の漫才も面白かったですよねえ。
やすし・きよしさん、てんや・わんやさん、春日三球・照代さん、あとまだ、お名前をど忘れしてしまったのだけれど、好きだった漫才師の方、誰だったっけ?
とにかく、話芸がおもしろくてよく笑わせていただいたものでした。
今のお笑い芸人さんは、芸が無くて、裸になったり同じ事を言ってるだけの方が多くてつまらないですね。中には噺で笑わせてくれる芸人さんもいますけどね。
朝のドラマの影響ではないですが、一度ちゃんと落語を観に行ってみたいなと思っています。

Commented by トムノグ at 2007-11-15 22:45 x
PISCESさん
我々TV世代は落語や漫才の多くをTVで観てきました。しかしこれはやはり実物を観ないといけません。
寄席に足を運ぶ、たぶんかなり贅沢なことだと思います。
今TVのバラェティに出ているお笑い芸人と名乗る人たちはただのタレントです。
芸を発揮する場所を得ず楽して稼ぐ、芸を捨てた連中です。

来年のヤクルトホールの前にちょこっと寄席に立ち寄るのもおもしろいかと!


Commented by PISCES at 2007-11-16 19:21 x
トムノグさん
ヤクルトホールの前にですか!
いいですねえ!私は寄席に行ったことがなくて、作法とかルールとかわからないので、連れてってくださいます?
・・・なんて、まだ来年ヤクルトがあるかどうかもわからないのに、こんな話しをしていたら鬼に笑われますね。

Commented by トムノグ at 2007-11-18 13:11 x
PISCESさん
名古屋の大須演芸場ご存知ですか。
名古屋初の女性落語家も誕生したとかでなかなか盛況らしいですよ。
ヤクルトライブの前に東京の落語もいいかもしれません。ブレバタマニアの皆さんの中にも落語好きな方がいらっしゃるかも・・・。

Commented by PISCES at 2007-11-18 15:53 x
トムノグさん
はい、大須演芸場は名古屋で唯一の寄席です。
場所は知っていますが、行った事はないです。
これまでに何度も閉鎖の危機にあっても、かろうじて生き残っていて、奇跡の寄席と言われているそうです。
行ってみたいとは思うのですが、主人初め、友人達にも落語に付き合ってくれる人がいないので、行けそうもありません。
あ、そういえば、ど忘れしていた好きだった漫才師の方は、夢路いとし・喜味こいしさんでした。
洗濯をしていた時に、突然思い出しました。

by kokoro-tomnog2005 | 2007-11-14 22:54 | 落語百席 | Comments(5)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30