人気ブログランキング |

ベアフット(素足)

ベアフット(素足)_c0340785_15274478.jpg
フォトはブレッド&バターの兄・岩沢幸矢さんのソロアルバムCDです。(98年)
ここ1ヶ月なぜかこのアルバムに魅かれてほぼ毎日聴いています。
参加ミュージシャンも錚々たるメンバーで10曲の作品をひき立てています。
アルバムタイトルが「ベアフット(BAREFOOT)」、日本語で素足です。海辺の楽曲なのでそういうタイトルにしたのでしょうか。



さてここ1ヶ月なぜ魅かれているのか理由がわかりました。
それはジャケットの絵です。
これは茅ヶ崎に在住していた女流洋画家・西野久子さんが描かれたものです。
想像するに南洋の小さな島の1軒の家の玄関でこちらを向いて微笑んでいる少女、足元を見れば素足。
心和む作品でアルバムのコンセプトにぴったりですね。



実は西野久子さんはこの5月25日に93歳で逝去されました。
私が聴き始めたのはこの日を挟んで前後1ヶ月のことなので偶然ですが、絵のなかの言霊に呼ばれたような気がします。



[E:clover]


Commented by PISCES at 2008-06-18 23:02 x
さすが、絵もお好きなトムノグさん、お詳しいんですね。
ジャケットの絵を書いた方の事まで。

このアルバムは初めてブレバタのライブに行ったときに、買った思い出のアルバムです。
ライブ前に、幸矢さんがCDを売っているブースにお一人で座ってらしたんです。(ライブの前にご本人が客席にいらっしゃるってのもびっくりでしたが)
そして、これが幸矢さんのソロアルバムとも知らずに買った私に「サインしましょうか?」って幸矢さんの方から声をかけてくださったんですよ。
それで、その後すぐにファンクラブに入会して今に至る。という訳です。
このアルバムいいですよねえ。
すべて好きな曲ばかりです。


Commented by トムノグ at 2008-06-19 08:46 x
PISCESさん

このアルバムがきっかけでファンクラブへお入りになったとは。幸矢さんの気さくさはホントうれしいですね。幸矢節が思う存分発揮されているこのアルバムは上物です!

西野久子先生の作品と幸矢さんの楽曲が茅ヶ崎で融合したことは、ひとつの文化の合成として最高のものと思います。その点でこのジャケは芸術的価値があります。



Commented by erika at 2008-10-30 13:32 x
はじめまして。
偶然こちらにおじゃましました。
というのも、このジャケットの絵を描いたのが私の祖母 久子だったので、検索中にヒットしたんです。
祖母の絵がこのようなジャケットになっていることを知らず、驚きました。
そしてそれを取り上げて頂いたことを嬉しく思います。ありがとうございました。


Commented by トムノグ at 2008-10-30 21:18 x
erikaさん

コメントありがとうございます。
まさかご親族の方からコメントいただけるなんて
思いもよりませんでした。
実は西野先生の作品に魅かれていろいろ調べてみました。茅ヶ崎の美術館や画廊などに作品が収蔵されているようですね。
機会があればぜひ訪ねてみたいと思います。




Commented by n_y at 2009-06-07 16:12 x
西野先生のお作品が、CDジャケットにもちいられていることをはじめて知りました。素敵な絵ですね。

茅ヶ崎市美術館では、西野久子先生と同年に逝去された鶴田猛先生の作品による特集展示「西野久子・鶴田猛—追悼展—」を、6月18日まで開催しています(月曜休館)。
本展は茅ヶ崎市美術館に収蔵されている両画伯の作品全点(西野作品12点、鶴田作品13点)に各1点ずつの特別出品を加えて展示しています。
是非ご高覧ください。

茅ヶ崎市美術館ホームページ
<a href="http://www.chigasaki-arts.jp/museum/" rel="nofollow">http://www.chigasaki-arts.jp/museum/</a>

Commented by トムノグ at 2009-06-08 22:01 x
n_y さん

コメントありがとうございます。
西野先生の作品は独特な画風の中に温かみを感じます。
茅ヶ崎美術館での特集展示会はぜひ伺いたいと思いますが。

by kokoro-tomnog2005 | 2008-06-18 09:43 | ブレッド&バター | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30