人気ブログランキング |

柳家権太楼

          

柳家権太楼_c0340785_15281586.jpeg


年間600席、今一番多くの高座をつとめる落語家は柳家権太楼といわれる。
確かに各所の寄席には必ず名を連ねる。
その特異な存在には多くの人気が集まる。
高座はいつも満席

私も好きな落語家のひとりで権太楼師の落語は背景と人物が特徴的によく見える。
だから面白い。
フォトのCD「疝気の虫(せんきのむし)」は権太楼節ならではの語りで誰も真似ができない。
虫の気持ちを滑稽に可笑しく表現する。
とにかく面白いので一度聴かれることをお薦めする。
その可笑しさを知ったら他の噺も聴きたいと思うのは当然だ。

権太楼師匠は筋の通った頑固者である。
若い頃、NHK新人落語コンクールで最優秀賞をとれず優秀賞だった時に"こんなものいらねえ、トップがとれなきゃあダメだ”と思ってインタビューに
「カップ軽すぎます」と応じたエピソードがある。
それと
近年珍しい弟子の破門、厳しい師弟の世界に生きる落語家の中でも
なかなか破門をする師匠は少ない。
業界全体がぬるくなっているのだ。
でも権太楼師匠は真打にまでなった有望な弟子を破門にした。
事の真相はふたりにしかわからないが、弟子を切るというのは師匠としても辛かったことであろう。

わずかこの2つのエピソードだけでもすごく人間臭い師匠は高座に上がり続け落語の真髄を追求している。

だからこの人の落語は聴く価値がある。


・・・
http://www.web-gon.com/index.html


by kokoro-tomnog2005 | 2009-11-13 09:32 | 落語百席 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30