人気ブログランキング |

アジア大会ベスト8敗退で

アジア大会ベスト8敗退で_c0340785_13394553.jpg
今の日本代表の実力はこんなものだろう。
ペナルティエリア付近でのパス回しはできるものの練習の延長でしかない。
あれはグリッド練習だ。
確かに高い技術がなければあれだけのパス回しはできない。

さてその時の選手間の動きはどうだろうか。
パスをもらうための動きで精いっぱいのような気がする。
相手守備ががっちりできている中で
速い、速い だけのパス回しでは相手を崩せないのではないだろうか。
そしてもうひとつ何かが足りない。

なんだそれは。

思考・・・ アイデア・・・ 創造性・・・
自然と身体が動くもの
無意識に

それはレベルが一段、上のことであるが。
日本はそこに到達していないのだ。

ゴール枠をとらえていないシュートは何本打っても成果はでない。
身体能力もあるだろうが
もう少し気の利いたシュートが打てないものか。

PKはゴールキーパーが捕れなくてあたりまえ。
ただ反応が全くできないのは問題。
ここは世代交代の最重要ポジションであるといえる。

PKは普通、外さない。
香川の場合は左隅下を狙っていたのでやむ得ないと思う。
本田の場合は意図的にふかしたと思えるほどひどかった。
彼はこの試合がPK戦になった時、捨て試合にしようと思ったのではないか、そう感じるほどだった。

これで協会は疑惑ある監督を更迭できるきっかけ作りができた。

新しいチーム作りは日本人監督のもとで若い世代中心とするものがよいだろう。
つなぎでベテランを配置することもポイントである。
遠藤、長谷部は総合的にバランスのとれた良質の選手だ。
本田抜きの代表チームに可能性を期待する意見も一理あり。
出来不出来がはっきりしている選手なのである。

ワールドカップベスト16に入ったら
日本は上出来ではないか。
それ以上は甘くない。

ただ今回、アジア大会ベスト8ではワールドカップ本戦にはとても出られない。

負けて学ぶことは多い。

( アジア大会の楽しみがなくなってしまった。がっかり・・・ )








by kokoro-tomnog2005 | 2015-01-24 13:32 | 蹴球というスポーツ | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30