人気ブログランキング |

2005年 10月 03日 ( 1 )

重複統計・・・

国勢調査・調査票の回収が始まった。
聞くところによると配布と回収が困難を極めているという。
生活形態が多様な首都圏では調査員の大変さが
容易に推察される。
10月2日付の毎日新聞では「国勢調査員が悲鳴」と題して
そのきびしい実態の記事が掲載されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051002-00000006-mai-soci

今日我が家にも調査員の方が回収にみえた。
丁寧な態度と言葉遣いで回収の説明をはじめた。
事前に大変さを承知していた私は、敬意を払って
「ご苦労さまです」と応えた。

調査員の方は笑顔で調査票を受け取った。

しかしまてよ・・・
国勢調査って必要なのかなあ?
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2005/kouhou/str/s01.htm
総務省統計局 「国勢調査のしくみ」)


◆◆◆
わが国の「人の登録」は諸外国に比べ、優れた制度といわれ
戸籍法、住民基本台帳法、外国人登録法などにより
市町村で登録管理されているし、
地域別の産業構造の状況も都道府県、市町村で年度ごとに
実態把握していると思うが。
    
5年に1度の調査、配布・回収の困難さ、個人情報の問題
など考え合わせると統計結果がどれほど役に立つのか
疑問な点もある。
制度の展開方法、活用方法など見直し時期にきている
のは明らかだ。

事業費用も莫大だろう。
この莫大な費用を社会保障費にまわした方が
どれだけ有効か。
国が行財政改革というなら国勢調査は
改革の最たるものかもしれない。◆◆◆


by kokoro-tomnog2005 | 2005-10-03 18:51 | お~い ニッポン | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。