人気ブログランキング |

2006年 05月 31日 ( 2 )

W杯 日本の実力は

W杯 日本の実力は_c0340785_15261328.gif
W杯本番前のフレンドマッチともいうべきドイツ戦
2点先制し結果は引き分けた。
TV、新聞はこぞって日本の健闘を讃える。
お~い 報道関連のみなさん、ドイツの実力ご存知かな。日本の真の実力も?

ドイツはホスト国なので
フレンドマッチで本気を出すわけにはいかない。
まして経済効果の高い日本が相手となれば
それなりの戦い方になる。

日本の先制点は明らかにドイツの守備ラインが上がりすぎている。
スピードのあるチームなら日本でなくても得点できるシーン、本番ではなかなかないこと。
2点目も高原の切り替えしのドリブルをドイツDFは執拗に追っていない。本番前にケガをしたくない。
そんな心理がドイツ選手に当然働いている。

しかしフレンドマッチとはいえ格下の日本に負けるわけにはいかないドイツは
きっちりと2得点あげて引き分けにもちこんだ。
これが欧州トップクラスのチームだ。
こうした芸当は韓国ならやれそうだが日本には難しい。

さて本番に目を向けてみよう。
VS オーストラリア
選手のほとんどが英国をはじめとする欧州プロチームに所属する。
予選はプレーオフで南米の強豪ウルグアイをPKで制した。
身長が高くヘッドの競い合いをしたら日本は不利だ。
日本は選手の体格面で劣り、オーストラリアのヒディンク監督が名将であるということからすれば勝機は難しい。
良くて引き分け、日本が先制できないと敗戦の可能性が大きい。
VS クロアチア
98年フランス大会3位、02年日韓大会では予選G組強豪揃いの中で苦戦、しかしイタリアを破るなど実力は確かだ。欧州でもまれ予選負けなしの7勝3分けで今大会へ、巨漢ぞろいで日本は体力面でとてもかなわない。
良くて引き分け、負けの可能性が高い。
VS ブラジル
何も言うことはありません。絶対勝てません。

と言うわけで私の予想は
①1分2敗で予選敗退 
②2分1敗で予選敗退 得点のある分けならひょっとして得失差で2位になれるかも が極めて困難

日本の不足な点をあえて言えば守備ラインにあるだろう。
選手の体格およびスピードが世界レベルでないこと。
だから守備ラインをあげて攻撃するとカウンターを食いやすい。
中盤の中田と守備の宮本が再々意見対立してるのはこのあたりの事情だ。
得点力がないことも追いうちをかけているが、いずれにしてもドイツ戦でわかったように日本は守りきることができないほど守備力が弱い。

こんな辛口を言うと熱心なサポーターに怒られるだろう。
でも実際日本の実力は世界36くらいではないか。
FIFAランク18はありえない。
日本代表を約30年観察してきたし、Jリーグのレベルも理解しているつもりだ。

私だって本音は、なりふりかまわず勝ち上がってもらいたいと望んでいる。
そして6月はマスコミ報道に踊らされて単純に楽しみたいとも思っている。


W杯 日本の実力は_c0340785_15261305.jpeg
この優勝杯が日本に来ることは
ある  ない  それはわからない。
でも多分ない。

本大会に出場できるだけで素晴らしい!
と思う。




by kokoro-tomnog2005 | 2006-05-31 17:17 | 蹴球というスポーツ | Comments(13)

言葉遣い

年に一度の健康診断に行った。
受付を済ませ90番の番号札を持って待つこと20分。
約100人の人々が行き交う。30代40代がちらほら、50代60代が多い。

まずはどうでもいい血圧検査。
というのも待ち時間にホールにある測定器で計ったばかり。
普段も血圧の値は問題なく、この日も平常値だった。
このどうでもいいという、いい加減な気持ちがそもそもの始まりだったのか。

50代と思われる看護婦か保健婦(あえて婦を使う。師は変だもの)がひとり、3台の簡易血圧測定器を取り扱っている。

「右手で計ろうね」
「上はいつもこれ位いなの」
「はーい 次は誰かな」

まるで幼稚園児に声をかけているようだ。

人の心を考えるおじさんとしては、このような言葉遣いはとても聞き苦しい。
何人かのおじさん、おばさんは嫌な表情で受け答えをしていた。
私の順番が回ってきた。
私のむっとした表情に気づいたのか無言で測定器を私の左手につける。

計り終わって
「うーん ちょっと息があがっているかな」ときた。
そう息があがってるのはあんたのその言葉遣いが原因だけどね。
そう思いながらもぐっとこらえて
私は
「いいえ、特にそんなことはありません。いつも通りです。ありがとうございました。」
と意識して社会通念上の大人の言葉で応えて差し上げた。

本当は
「そんなことはねぇよ。いつもと同じだい。じゃあ あばよぉ~。」と応えたかった。

ぞんざいな口の利き方、この看護婦さんか保健婦さんは気づいていないだろう。
ずっとそうして過ごしてきたんだろうから。
無意識のうちに相手を見下した物言いになっている品格のなさはどうにもならない。



別館ブログ「トムノグおじさん飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2006-05-31 10:56 | 人の生き方 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。