人気ブログランキング |

2007年 02月 16日 ( 1 )

就職活動は人探しというキー_c0340785_15264930.jpg
フォト:国営武蔵丘陵森林公園の青空を見上げる梅の木と私



(昨日の続き)
二女の就職活動は意識がとても稀薄な気がして心配になったので就職をどう考えているのか問うてみた。
最初は困ったような顔して相変わらず深く考えていないという素振りだった。
やがて重い口を開き、ぽつりぽつりと話し始めた。



それによると
企業の名声や評価には興味がない。むしろ一流といわれる企業は、それだけで学生が殺到するので合格する気がしないし会社組織に埋没しそうな気がすると言う。
学部は文系で一般教養課程の延長なので専門技能はないから男子学生と競い合うことは難しくそんなことはしない。
バリバリ仕事をするキャリアウーマンを目指しているわけでもない。
ならば何を望みたいのかと問う。



休日も満足にとれず、残業の多い働き蜂は絶対に嫌だ。
与えられた仕事をまじめにやって多くもなく少なくもない収入が得られて一番大切な「人との出合い」に重点を置きたい。良い友、良い同僚、良い上司にめぐり合いたいと言うのだ。
そこが大事だと言う。
だからお父さんたちが言う一流企業とか業績の良い企業を望むのとは価値観が違うと言う。



なるほど二女らしい気持ちだ。
元来優しい子なので人間関係を優先したい考えは良くわかる。
そういう風に考えていたのか、私は親のエゴ丸出しの自分を恥じた。
イイ学校に行ってイイ会社に入ってという古くさく次元の低い勝手な考えを子供に押し付けようとしていた。
それが幸せへの道だと信じていた。
ところが二女に言われて一番大事な「人との出合い」という考えが欠落していたことに気づかされた。
言われてみれば当然のことと思うが何かに一心に向かっている時は見落としがちである。



二女の就職活動は人気企業に入るよりもさらに難しいものかもしれない。
今日も会社説明会に行ってきたようだ。
希望する「人に優しい会社」に出合える日はいつだろう。
いつかその日がくることを祈る!
人との出合いは何が大事か常に教えてくれる道標なのであろう。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-16 00:55 | お~い ニッポン | Comments(3)

日々のことをお気軽に綴っています。