人気ブログランキング |

2007年 03月 12日 ( 1 )

人の出会いに感謝した日

人の出会いに感謝した日_c0340785_15265418.png
   人はそれぞれの人生を送りながらいろいろな人と出会い、別れ、そしてまた出会うという繰り返しをします。



今から30年ほど前に始めた地域の少年サッカーの指導で実に多くの少年達と出会いました。その数およそ500人くらいだと思います。
私が関わった少年たちは今では最年長が40歳、最年少が28歳くらいになって皆社会人として立派に活躍しています。うれしいことです。

そんな中からJリーガーになった少年がいます。すでに34歳になったA君は2005年シーズンで引退しました。現役として11年活躍しました。清水、磐田ではチャンピォンカップを獲得し日本代表にも選出されました。
その後いくつかのチームを移籍した後、地元埼玉の大宮でキャプテンを務めJ1リーグへ昇格する立役者になりました。
この間、多くの人に感動を与えました。結果A君のもとには強力なサポーターが何人も集まりました。
アウェイのゲームに遠くは北海道から九州まで毎回遠征した仲間もいます。
約7年の間にはサポーター同士が固い絆で結ばれていました。



さて話しは長くなりましたが、その仲間うちで一番の年長者は恥ずかしながら私です。
皆30代、40代始めの人たちです。この人たちと約7年間、A君の応援幕を試合会場に張ったり、応援旗を振ったりして夢中で過ごしてきました。共通テーマで動く同士たちは年齢に関係なくホント夢中でした。



しかしA君は引退しました。
強力なサポーターたちが試合会場で一緒に旗を振ったり、コールしたりすることはもうありません。
これが出会いでそして別れなのです。

さてちょうど1ヶ月前の2月中旬頃でしょうか、A君から電話がありました。
「3月10日時間をとってくれませんか」
何だろうと思いましたが特に問いかけることもなく了解しました。
そして当日池袋で待ち合わせをしました。A君と強力サポーターだったOさんとNさんと4人で食事をするとのことでした。A君の案内でダイニングバーのような店に入りました。
A君は「軽く飲みましょう、このあと18時に別の店を予約してあるのでそちらに移りますから」と。
1時間の間、A君は明るすぎるくらい私に接したものですから、Aどうかしてしまったんじゃないかと感じるほどでした。OさんとNさんも妙に私に気を使っていました。
あっという間に過ぎた1時間、ほろ酔い気分で店を出て数分歩いて予約してある店に入りました。
ずいぶんお洒落な店で居酒屋専門の私には不釣合いな感じでした。
案内されるまま個室に通されました。ドアを開けて驚きました。
かつてのサポーター仲間のKさんとMちゃんがテーブルにいます。
そして私に中央の席に座れと言います。何事・・・



しばらくすると続々とかつてのサポーター仲間がやってきました。
Nぢさん、Iさん、Ogさん、Sさん総勢10名です。
聞けば私への感謝会だというのです。A君を応援する環境を作ったというのです。
そんな大それたことはしていません。皆と楽しく夢中になって応援してきただけなのですが。
みんなはありがたいほどの優しい気持ちを私に向けてくれました。
A君というJリーガーを通して集まった人たち、縁あって出会った人たち、仕事も日常生活も別にそれぞれの人生を歩んでいる人たちが一堂に会して笑顔でいる。なんと幸せな出会いであろうか。

A君ありがとう!
そして一緒にサポート活動してくれたみんなありがとう!
うれしくて感激して帰りの電車では顔を上げられませんでした。歳のせいかだいぶ涙腺がゆるんでしまったようです。

フォトのアルバムは今日集まってくれた仲間からのプレゼントです。
活躍したA君の記録写真と仲間たちの写真がぎっしり貼られています。
そして心のこもったみんなからの手紙が添えられていました。
みんなおじさんを泣かせるの上手だなあ。
人の出会いに感謝して その気持ちを大事にして またいろいろな人と出会っていく。

ありがとう!
人と人の出会いは何と素晴らしいことなのだろうか。
3月10日の土曜日、忘れられない日となりました。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-03-12 21:34 | 蹴球というスポーツ | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。