人気ブログランキング |

2007年 05月 29日 ( 1 )

己の規律を持って生きる

己の規律を持って生きる_c0340785_15270578.jpg
日本人の精神の基盤は武士道にあるといわれ、海外でも高い評価を得ている新渡戸稲造の「武士道」をおさらいする。
それによれば武士道の源は「義」「勇」「仁」「礼」「誠」「名誉」「忠義」など人の道として恥じることの無い行いをいい、それが己の規律となることを言うのである。



さて現代でどれほどこの己の規律を持って生きている日本人がいるだろうか。
思うに一般大衆としての多くの人々は無意識に武士道を実践しているのではないだろうか。
だからほとんどのまじめな人々は正しく平和に生きているのだ。
然るに常軌を逸した利害に絡む人は、「義」すなわち「人として行うべき正しい道」から外れ裏取引や不正な行いに走る。
それは特権階級の人々に多く存在する。



残念ながらそのような生き方の人による事件が起きた。
大臣が身命を持って責任をとったような報道があるが、それは許されない。
同じ穴のむじながゴロゴロしていてみっともないが、どうしてそのような構造があり執着するのか、この事件を機に我日本人は再考しなければならない。
利権を得ることがどれほど恥ずかしく卑しく人として軽いことか。



石原知事が「彼もサムライだったんだな」とインタビューに応えていたが冗談じゃない。
「義は人の正路なり」という武士道の精神を知らないのだろうか。
武士の切腹とは全く違う。
不道徳と疑われ窮地にたったからといって逃げることは許されないのだ。
多くの問題を抱え、将来に負の財産を残すかもしれない危うい国の生きるべき道を操る政治家、官僚、財界人にはその特権を正しく活かし武士道の生き方で子孫が夢と希望を持って生きられる国づくりに邁進してもらいたいと願う。

日常ブログにとって重く暗い記事かもしれないが、避けて通れない大切な問題と思った。
私も己の規律を持って生きることに一層の努力をしたいと考えた次第である。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-05-29 20:10 | お~い ニッポン | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。