人気ブログランキング |

2007年 10月 26日 ( 1 )

気になる経済・景気動向

たまには国内外経済の動向についてファイナンシャルプランナーらしいコメントも必要かと思いますが、不確定要素が多く明解なお話しができないのが実情です。
しかし経済の基本的なメカニズムから推測されることは考えられます。



では日本経済の現況はどうでしょうか。
大衆感覚で感じる経済・景気は決して良くないはずです。
一番わかりやすい単純化した理論はこうです。
「景気が停滞するということは企業活動が停滞し個人の収入が増加しないので消費が減退し物価が下落する。そして経済を活性化するため金融当局が金利を下げて企業の金利負担を減少させ設備投資を高め景気を回復させるということ。」
実際にはいろいろな要因があるので必ずしもこの理論通りでないこともありますが、基本的にはこうしたメカニズムで動いています。



どうでしょう。
この状態はバブル崩壊からずっと続いていると思いませんか。
景気が過熱すれば物価も高騰して金利も上昇します。
しかしそんな場面は訪れていません。



これは長らく続いてきた経済の仕組みが対応できていないことを物語っているといえます。
最近気になることのひとつに金価格の上昇があります。
これには「円安」「金利低下」「株価下落」「インフレ懸念」「政情不安」「原油価格の高騰」などの変動要因がありますが嫌な材料ばかりです。

そろそろ日本経済の仕組みにも大なたを入れる時期が近づいているのですが不安定な政局、悪玉高級官僚、利益追求のみの企業などの存在が大きな障壁となっています。


by kokoro-tomnog2005 | 2007-10-26 21:12 | Business watching | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。