2018年 05月 30日 ( 1 )

日大アメフト問題を思う

日大アメフト問題でテレビ、週刊誌がにぎやかだ。
根深い、深刻な問題であることはわかるがテレビ報道は行き過ぎに感じる。推測論は言うに及ばず、公開処刑的な言論は聞きづらい。

コメンテーターやタレントが言いたい放題だが言葉の乱れも酷い。
大学生に向かって「生徒」、「子供」はないだろう。
「生徒」とは一般的に小中高生を指すときに言う。
大学生は、「学生」ではないか。かつ大人の年齢だ。「子供」と呼ぶのは親だけでいい。
日大問題は、大人社会が大学生を子供扱いしているところにそもそもの根がある。

日大だけに限らず似たような大学は多い。
組織の硬直化は人によって作られる。良質な権力者は利権を求めない。
信念のない馬鹿な権力者は私利私欲を求め、人を壊していく。
この状況を見聞、見守る大人たちは冷静に判断し世論として高めていかなければならない。

でなければ真面目な日大の学生、教職員、卒業生たちが浮かばれない。






by kokoro-tomnog2005 | 2018-05-30 10:42 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。


by トムノグ