2018年 06月 07日 ( 1 )

仕事関連で自分の息子のような年齢の若手事業経営者に会う事が多い。
特に2代目については共通の姿を垣間見る。

先代社長が60代から70代前半で2代目が30代前半から40代前半が多いが、先代が築いた事業を継承するだけなので苦労がない。周囲からは、社長ともてはやされて急に偉くなったように勘違いする。
それは普通に仕方がない。強勢も張らなければ馬鹿にされてしまう。
頑張っているのはよくわかる。

しかしそんな姿勢ではいつまでたっても先代離れができない。
嘘をつかず、謙虚に、人の声に耳を傾けて自分を磨く。
2代目が先代に追いついて追い抜くには、人間力を高めて周囲から評価されなければならない。
それを誰が教えてあげるのか。
先代が教えることはできない。2代目も素直に聞くことはないだろう。

自ら先人の文献等を通して学ぶこと、または小言爺のような存在が助言すること。
いくつか考えられるが、ちょっと言ってあげたいと思う場面が多い。
2代目に聞く耳があればね。







by kokoro-tomnog2005 | 2018-06-07 09:48 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。


by トムノグ