<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

吉田博展を愉しむ

c0340785_16171073.jpg

半端なく細密な版画作品の数々、これほどの技量とこだわりを持った作家はまず見あたらない。
まさか近くの狭山市立博物館で開催されているとは知らなかった。

偶然、ネット検索で見つけはせ参じた。
木版画19点、水彩画1点、油彩画9点、中には初公開の作品もあって興奮した。

作品は、狭山市在住で孫にあたる吉田興文氏の所蔵品。
どれもきれいで状態が良く100年近くの時を経ているとは思えない。
どれだけの数の色を重ねたのかもう驚くしかない。水彩や油彩とかわらぬ質感だ。

加えて吉田博の夫人・ふじをの水彩画2点、興文氏の水彩画15点も展示されていた。
一族で才能溢れる証を垣間見て生活環境と家族の刺激が才能を創り上げるものだと再認した。

吉田博といえば普段は大きな美術館でしか観る機会がないが、これほど身近な場所で観られたことに幸運を感じる。11月25日まで開催されているので首都圏にお住まいの方は気軽に出向けるのではないかな。
しかも入場料は、一般150円だ。(高大生100円、中学生以下は無料)

敷地隣の稲荷山公園も見逃せない。
本日はあいにくの小雨模様だったが、小学生の団体が遠足?で楽しんでいた。


c0340785_16172506.jpg


by kokoro-tomnog2005 | 2018-10-04 16:43 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。


by トムノグ